酒井形成外科・美容外科 / 形成外科サイト

酒井形成外科 診察予約

傷の治り方の経過

縫合、抜糸が終わったら治っているわけではありません

すべてのキズ(手術、ケガ)は縫合、抜糸が終わったら治っているわけではありません。
抜糸直後は赤く、硬くなっています。
しかもその赤さ、硬さは時間がたつにつれその程度は増していきます。
傷痕は、2〜3カ月をピークにして緩徐に落ち着いて来て、1年、2年と経過を追うごとに成熟して白くなり目立たなくなります。

皮膚のほくろ状の皮膚種腫瘍を切除する直前
皮膚のほくろ状の皮膚種腫瘍を切除する直前

皮膚腫瘍切除後3日の状態
皮膚腫瘍切除後3日の状態

皮膚腫瘍切除のち抜糸後7日
創傷治癒過程で線維芽細胞が増殖し、辺園が盛り上がって見えます。
また、毛細血管の拡張で傷痕周囲が赤くなっています。
皮膚腫瘍切除のち抜糸後7日

皮膚腫瘍切除後2ヶ月
まだ、傷痕周囲に赤みが残っています。
若干硬さとともに盛り上がりが残っています。
皮膚腫瘍切除後2ヶ月

皮膚腫瘍切除後1年
この頃になると、傷痕は目立たなくなってきています。
皮膚腫瘍切除後1年