酒井形成外科・美容外科 / 形成外科サイト

酒井形成外科 診察予約

アテローマ(粉瘤)

粉瘤(アテローマ)とは

アテローマ(粉瘤)
頬部にできたアテローマの例

「おできが出来た」、「脂肪の塊が出来た」といった言葉を耳にすることがあるかと思います。
また,はじめは小さな「しこり」であったものの、放っておいたら徐々に大きくなり目立ってきたり,臭いが生じてきたりした経験がある方もいらっしゃると思います。

実は、このような形態をとる皮膚良性腫瘍が「粉瘤:アテローマ(Atheroma)」と呼ばれているものです。
その実態は、皮膚の表皮成分が皮下に埋入してしまい、袋を形成(嚢腫:のうしゅ)してしまうものです。袋の中は、皮膚の老廃物(つまり垢)で、多くの場合クサイ臭いがします。

原因は、多くの場合ベタベタの皮脂(あぶら)が毛穴に詰り(微小面靤)、老廃物が溜まって袋状になることです。そのため、出来やすい人は何個もできることが多いとされています。

治療方法ですが、毛穴の詰まりたての黒い状態(微小面靤)の場合は、特殊器具による圧出が可能です。
しかし、一度しっかりとした袋状の嚢腫(のうしゅ)を形成してしまうと、圧出では内部の袋が残り、しばらくすると同じ状態になってしまうため、手術による摘出が第一選択になります。

アテローマ(粉瘤)の切除方法

「頬部」の大きなアテローマ(粉瘤)です。
これを切除していきます。
アテローマ(粉瘤):術前

内部の嚢腫(のうしゅ)が取り出せる大きさにデザインします。
アテローマ(粉瘤)の切除:デザイン

皮膚を切開して袋の膜を丁寧に剥がしながら切除します。
アテローマ(粉瘤)の切除:皮膚を切開してアテローマを切除していきます

被膜を取り残さず、アテローマ(粉瘤)をキレイに取り出したところです。
アテローマ(粉瘤)の切除:アテローマ(粉瘤)をキレイに取り出したところ

縫合方法は黒子(ほくろ)の場合と同様に、丁寧に細かく縫合していきます。
大きい場合には、取り除いたスペース(死腔)に血液や体液が貯留して感染の原因となるため、ドレーンという細い管を入れることもあります。
傷痕をきれいにするために、形成外科的縫合法が重要なのは変わりません。

手術時間

30分程度(局所麻酔。1個あたり。大きもの、複数個ある場合は追加時間がかかります。)

粉瘤(アテローマ:atheroma)という名前について
アテローマの進行

実は「粉瘤(アテローマ:atheroma)」という名称はわが国特有であり,欧米の成書にはありません。動脈硬化した血管についた粥状のものをahteromaといいますが、ここから、嚢腫で内容物に粥状物が詰まったものの通称にすぎません。

粉瘤(アテローマ)は、動脈硬化した血管についた粥上のもの

この粥状物も体の脂肪分ではなく、皮膚の老廃物(垢のようなもの)で、長いこと放っておくと発酵し、そこから異臭を発します。この粥状物は細菌にとっては格好の繁殖場所となるため、突然化膿して腫れあがり、疼痛を生じることがあります(感染性粉瘤)。
いわゆる「粉瘤」は組織学的に主に3つのタイプにわけることができます。

  • 手掌や足底に発生する「表皮嚢腫epidermal cyst」
  • 中心部に面靤(Comedo)を有する「毛包嚢腫、漏斗部型Follicular cyst, Inhundibular type」
  • 表皮に変化を持たない「毛包嚢腫、峡部型Follicular cyst, isthmus type」

にわけることができます。
同じ粉瘤でも、ヘソを持つもの、深い位置に存在するものなど色々あるのです。

アテローマ(粉瘤)の手術費用

項目 金額
(消費税別)
粉瘤(アテローマ) 健康保険適応
(実費負担1万〜1万8千円程度)
美容的要素のあるものは自費になります。

アテローマ(粉瘤)切除の詳細情報

施術時間 30分〜1時間
施術後の通院 翌日術後チェック
顔面7日目、その他の部位10日目に抜糸の予定。
腫れについて 2週間程度腫れがあります
カウンセリング当日治療 基本的に不可
感染症の血液検査結果があれば可能
術部位により必要
入院の必要性 不要
麻酔 局所麻酔